ページトップへ

加藤清正歴史研究会 BLOG

トップページ > 加藤清正歴史研究会

当塾塾長の加藤敦は加藤清正の末裔の一人です

末裔の一人として研究の成果を後に残しておく使命を感じております。 清正公の嫡男で、二代目熊本藩藩主の加藤忠廣が、直接の祖先となります。徳川3代将軍家光による「改易」以後の加藤家の歴史と山形県庄内藩の歴史を調べています。
忠廣公の死によって加藤家は断絶しますが、酒井忠勝公、忠當公親子の温情で子孫は生き伸び、家臣と共に帰農し、大庄屋となった加藤家末裔が農民の身分で、後に酒井公に降りかかった二度にわたる「領地替え」にどうかかわったか。
庄内藩主酒井家への莫大な「恩義」に応えるために幕末、旧熊本藩藩士(後、庄内藩藩士に取り立てられた七人の侍)の末裔がどう応えたか。特に戊辰戦争において、14万石に過ぎなかった庄内藩が、無敵であったこと。なぜあれほどの強さを示すことができたのか説明できるでしょうか。

また、刀の完璧なコレクターだった加藤清正公のコレクションは、現在そのほとんどが未公開のまま、東京国立博物館に眠っています。
名刀正宗を含む、推定200本を下らないであろう名刀のみの完璧なコレクションを何としても見なければなりません。清正公の熊本藩経営の歴史を、曾孫であった8代将軍徳川吉宗公がどう観たのか、尊崇する曾祖父の偉業を自らの「享保の改革」にどう生かしたのか、調査しなければなりません。
明治10年、西南戦争で、西郷隆盛を慕い、助っ人に行って散った若い庄内藩士200名は、築城の名人と言われた加藤清正によって築かれた熊本城を攻め、攻め落とすことはできませんでした。難攻不落の城であることを図らずも証明し、全員帰らぬ人となったことは、やはり歴史の悲劇ではないでしょうか。なぜ父祖の築いた城塞と戦わなければならなかったのか。かの人々の歴史はやはり明らかにされなければなりません。
忠廣公の嫡男で改易とともに飛騨高山城主金森重頼公お預けとなった加藤光正の子孫を名のる神通寺の前住職朝戸氏とお会いしました。光正公は改易の翌年17歳で謎の死を遂げ子孫はいないものと思われてきました。
 私は以前からそのことに疑問を抱き、昨年の11月に、ようやく、朝戸氏とお会いする事が出来たのです。光正公は、小説の題材にも取り上げられ、悪戯好きで、暗寓な人物と言われてきましたが、違います。今のようなジャーナリズムのなかった当時は、単なる講談話が繰り返し語られるうちに、いつしか史実と勘違いされていった、膨大な歴史の一つに過ぎません。


加藤清正歴史研究会

加藤忠廣「塵躰和歌集」全訳(62)

同十七日 みなつきの十二夜よ (224)皆つきの十二夜よひのあまつ空に 月宮近かくおかす寄ぼし  (みなつきの じゅうにやよいの あまつそらに つきみやちかく おかすよりぼし) (釈)六月の十二夜の宵

続きを読む

加藤忠廣「塵躰和歌集」全訳(61)

寛永十癸(みずのと)酉(とり)年六月十六日 ことのはにおもひつづけし塵躰和歌集也。かくことわりはおくにあり。  (223)一榮の花の種まく臺までも むなしき夢やいざよひの月   (いちえいの はなのた

続きを読む

加藤忠廣「塵躰和歌集」全訳(60)

同十五日 (222)ゆふだちの夕顔にのこる花の露 すずしく見てる月の玉ゆら  (ゆふだちの ゆうがおにのこる はなのつゆ すずしくみてる つきのたまゆら) (釈)激しい夕立が去った後、夕顔に残った露、

続きを読む

加藤忠廣「塵躰和歌集」全訳(59)

同十三日 (220)岩松の中におい出づる一もとの すすきを見ればこと有りなまし   (いわまつの なかにおいいずる ひともとの すすきをみれば ことありなまし)  (釈)岩松の中に葉も良く茂った一本の

続きを読む

加藤忠廣「塵躰和歌集」全訳(58)

(219)夕顔とつつじの花のさきしには 白き赤きもながめ一色  (ゆうがおと つつじのはなの さきしには しろきあかきも ながめひといろ) (釈)夕顔の花とつつじの花が一度期に咲いた。白い夕顔の花も赤

続きを読む

加藤忠廣「塵躰和歌集」全訳(57)

 同十一日 (218)咲き続く庭のつつじを詠がむれば 花色もわかき雨のめぐみに   (さきつづく にわのつつじを ながむれば はないろもわかき あめのめぐみに)  (釈)ここ数日咲き続く庭のつつじを眺

続きを読む

加藤忠廣「塵躰和歌集」全訳 (56)

同九日 (216)はじとみに物ゆふがほの白き花を 友とながむる色もすずしさ   (はじとみに ものゆうがおの しろきはなを ともとながむる いろもすずしさ)  (釈)半蔀から、もの言いたげなほの白いゆ

続きを読む

加藤忠廣「塵躰和歌集」全訳 (55)

同七日 (214)みし夢も南枕の夏の夜を 思ふ心もつくしかたなみ  (みしゆめも みなみまくらの なつのよを おもうこころも つくしかたなみ) (釈)夏の夜、遥か南の懐かしいふるさとを夢に見、はかない

続きを読む

加藤忠廣「塵躰和歌集」全訳(54)

寛永十癸(みずのと)酉(とり)年六月五日 (211)靏が岡つるはつけどもはしもなし かねぞふる寺こゑもきかなく  (つるがおか つるはつけども はしもなし かねぞふるてら こえもきかなく) (釈)鶴岡

続きを読む

加藤忠廣「塵躰和歌集」 全訳(53)

同三日 (209)いにしへは錦もかけてしきむしろ うきみなつきぞひとござの床   (いにしえは にしきもかけて しきむしろ うきみなつきぞ ひとござのとこ) (釈)昔は金襴豪華な錦を掛けて寝ていたが、

続きを読む

ご質問・お問い合わせは

入会前のご相談やご質問など、お電話・フォームよりお気軽にご連絡下さい。

043-216-4038

お問い合わせフォーム

カテゴリーCATEGORY

最近の投稿LATEST POST

COPYRIGHT © 2017 英数研究セミナー All Rights Resereved.